事務机で変えるオフィス空間~仕事楽々スムーズワーク~

オフィス

自社以外での管理

不動産

レンタル倉庫は、自社以外の場所に物を保管するのに最適の場所となっています。空調管理が充実しているため、自社で保管するよりも環境が整っている場合もありますので、業者をチェックしてから依頼しましょう。

View Detail

企業的にプラスが多い

ビル

貸倉庫を利用する企業が増えています。その背景として、企業側にデメリットが少ない事があるようです。初期費用が安く、違約金などが発生しないのがほとんどですので、利用したい時に利用できるのが魅力的なポイントです。

View Detail

目的に応じて使用する

案内

賃貸倉庫を使用する場合、様々な状況を想定してから利用するようにしましょう。目的とマッチする場所を借りる事で、得られる恩恵が大きくなりますので、色々なシチュエーションを考えて利用するようにしましょう。

View Detail

作業効率が変わる

オフィスデスク

会社に必要な物というのはその会社によって変わってきます。どのような仕事内容で、どれくらい人数がいるのかによっても変わってきますが、事務机はほとんどの場合必要になるでしょう。経費削減といって事務机ではなくて角テーブルなどを与えて業務をさせている企業もありますが、机そのものの機能性が悪いため作業効率が悪くなっている可能性が高いです。作業出来る環境さえあれば良いと考えている人も多いですが、事務机のように機能的で収納などもきちんと考えられている物を使用した方が格段に作業はスムーズになります。特に人口工学に基づいて作成された事務机であれば尚更であり、作業がしやすいだけでなく健康面にも気を使ってくれています。姿勢が悪いなどで一日欠勤するだけでも、企業にとってはマイナスに働きますので、初期投資を少し高くしてでも、良い事務机を購入した方が良いとされています。

事務机のイメージとして、銀色のデスクを思うかべる人が多いでしょう。昔から慣れ親しんでいる机はそのタイプが多く、角が丸くて四角っぽい形をしている物が多かったのも事実です。近年では、ピンクやイエローなどのカラフルなタイプも発売されていますし、机とセットで本棚がついてくるタイプなど、様々なタイプが販売されています。事務机を販売しているメーカーも独自の方法で改良を重ね続けていますので、年代が進めば進むほどどんどん良くなっていきます。値段はピンきりですので、どの商品が良いのかはカタログや販売員の方と相談しながら決めましょう。新しいデスクを購入して、古いタイプを残しておきたい場合などは、賃貸倉庫などに預ける事も可能です。今後、オフィスの人数が増える事などを想定しているのであれば、処分するよりも貸倉庫などに預けて使用する機会を待ちましょう。企業戦略に応じて今後の展開を考えましょう。